yohaku02
お菓子・ハンカチ他                                                                                                        


 日替わりマルシェ9/22(火/祝)出店


yohaku01

芦屋川にあるギャラリーショップ ヨハクです。
今回は年に2回のお楽しみ、ヨハクの「甘いもの旨いもの の会」番外編として、
朝の研究所、おこあん、粉匙が作るお菓子セットと
イベント限定のオリジナル型染めハンカチを、ben:chiさんの10周年を記念した
10センチの箱に詰めて販売致します。
 
まず、「ヨハクのお菓子箱」のご紹介。
黄色い箱は、“【いつもの】箱”。こちらには、定番お菓子
 
そして、灰色の“【季節の】箱”には、この秋のお楽しみ《無花果》を使って
この会の為に考案して頂いたお菓子を。

yohaku23
ヨハクのお菓子箱【いつもの】(左)1,500円
  
 朝の研究所 – ヘーゼルナッツのクッキーと朝食ビスケット
 おこあん – お抹茶ケーク
 粉匙 – 黒糖きなこのどらやき
 
ヨハクのお菓子箱【季節の】(右)1,500円
 
 朝の研究所 – 無花果のロシアンクッキー
 おこあん – 無花果のチョコケーク
 粉匙 – 無花果のどらやき

「甘いもの旨いもの の会」で、いつもお召し上がりになられている方も、初めましての方も
 皆さんに喜んで頂けるお菓子箱です。
 
各15個ずつの限定販売となりますので、予めご了承願います。
 
そして、もう一つのお楽しみ「ヨハクの麻手巾」のご紹介。
 
型染め作家・山﨑菜穂子さんにお願いをして、張りのある中厚の麻生地に
ヨハク店主・杉本の好きな縞柄を染めた、素敵な麻手巾。
yohaku22
白地に染めた灰色は、黄色と並んでバランスが良いよう、カーキを混ぜていたり
ベージュ地に染めた黄色は少し濃いめに染めて、縞がしっかり主張する色を選んだり
山﨑さんとやりとりを繰り返し出来上がった自信作です。

yohaku21

ヨハクの麻手巾 2000円
 
 縞縞 – 白地の麻に灰色と黄色を5センチ幅の縞柄。
 
 縞 – グレー味の強いベージュ地の麻生地に黄色を10センチ幅の縞柄。
 
こちらも「ヨハクのお菓子箱」同様、計30箱の限定販売となります。

(9/19:情報追記)



つくるヒトとつかうモノと
ヨハクにはくらしにまつわる品々があります。
そっと寄り添うように日々を彩り、こっそりと誰かに教えたくなる、
そんな逸品をご提案します。
つくるヒトの想いを、つかうモノの素晴らしさを、
日々のくらしに加えて頂ければ幸いです。


ヨハク
〒659-0083 芦屋市西山町2-4 東棟2階A
TEL : 0797-35-0489
営業時間:11時〜18時
定休日:月・火・水
http://www.yohaku711.com/


阪急芦屋川からのびる商店街を歩いていると
プレハブが2棟並んだ、不思議な一角に遭遇します。

そのプレハブの2階にあるのが、ギャラリー ヨハクさん。

今は、ben:chiから5分程の距離に引っ越して来られたmokonoさんが
以前、同じプレハブにあった頃に伺った時に
「隣に素敵なお店が入ったよ」と教えて頂いたのがキッカケ。

早速、お邪魔してみると、小さな店内には
とっても素敵な作家さんの品や、ちょっと不思議な雰囲気の多肉植物たちが並んでいました。
yohaku10
商品に対する知識や愛情がたっぷりな店主・杉本さんが、ひとつひとつ丁寧に説明して下さいます。

ホントは人見知りだという杉本さんなのですが、話していると、とっても楽しい方で、とてつもない本好きだという事が判明。
ジャンルもかなり幅広く、博識なのもうなずけます。

そんな本好きの杉本さんに、『学校』というテーマの時に“図書室”に並べる本をセレクトして頂いた事があるのですが
「図書室の本だから。。。」と、セレクトした本 1冊1冊に、図書カードを作って下さったんです。
なんと楽しくお仕事される方なんだと、感動しました。
yohaku11
また、『植物』がテーマの時には、変わった姿形の多肉植物をご紹介頂いたり。
ヨハクさんセレクトの植物は、とても丈夫でウチでもずっと可愛い姿を見せてくれています。
yohaku12

今回は、特別に10周年を記念したアイテムとして、10センチの箱を特別に作って下さったとの事。
中には美味しい物と限定のハンカチが入っているんだとか。

“特別”“美味しい”“限定” これはかなり気になります。
どんな感じに出来あがっているのか、とても楽しみ。
(ben:chiヤスダ)